blog

Canon F-1 & FD55mm F1.2 撮影結果

特に不具合が見つからなかったので、SR-44酸化銀電池を購入しモルトを貼り替えて、さっそく試写することにした。モルトの貼り替えが苦手で面倒臭がりの僕にしては珍しい(笑)。 風が強かったので、海岸付近には行かず近所で試写することにした。 市民センターの彫像だが、一対なのに構図を合わせるのを怠ってしまった。このレンズはFDレンズとしては最初期のレンズで、レンズコーティングはモノコートだが、コントラストも高く描写に力強さが感じられる。 開放ではないが絞りを開き気味にしてみた。ボケ味は輪郭がやや強いが悪くない、歪曲…

続きを読む »

Canon F-1 & FD55mm F1.2

このカメラとレンズはハードオフのジャンク品で、価格はセットで税込8,640円だった。ハードオフは値札に簡単な状態説明を記入しているが「シャッター切れました、速度変化します。他未確認」と書いてあったので、買取時に明確な不具合は確認できなかったらしい。 確認させてもらったら、Canon F-1はフィルム室のモルトを交換する必要がある他は、ファインダーの曇りやプリズムの腐食などの不具合が無い機体だった。露出計が動かないのは、単に電池が切れているだけだろう。FD55mm F1.2の方もカビやバルサム切れの無い良好な…

続きを読む »

ジャンクレンズ散財記:Canon FDM100mm F4 S.C.

ハードオフのジャンク品にもランク(?)があるらしく、棚に置かれている物とガラスケースの中に置かれている物がある。このレンズはガラスケースに置かれていた中では安価な税込2,160円だ。 オークションでの落札価格の相場に比べても格安なのに、僕が最初に存在を認識してから1ヶ月ほど売れずに残っていた。ガラスケースから出して見せてもらったが、レンズ表面を清掃すれば普通に使えそうだ。目立った傷もないし、この値段が付いた理由は判らないが購入することにした。 レンズ構成3群5枚、最短撮影距離0.45m、レンズ単体での最大撮…

続きを読む »

Canon FDM50mm F3.5 S.S.C.

このレンズはジャンク品ではなく、まともな中古品を購入した。1973年発売の古いレンズだが、使用頻度が少なかったらしく目立った傷も無い美品だ。 レンズ構成は4群6枚、最短撮影距離0.232m、レンズ単体での撮影倍率は0.5倍のハーフ・マクロだ。 テストにはCanon AL-1、フィルムは「カメラはスズキ 横浜ジョイナス店」のフィルムガチャで出た「FUJICOLOR 記録用100」を使用した。AL-1を使用したのは「クイックフォーカス」機能を当てにしたからではない。部屋でAE-1に着けてファインダーを覗いていた…

続きを読む »

ジャンクカメラ散財記:Canon AE-1

このAE-1は、ハードオフのジャンク棚に税込324円で置いてあった。外観は傷やアタリもなく綺麗だが、モルトはボロボロに劣化していた。電池室を開けると古いNationalの4LR44電池が入っていたが、幸運にも液漏れはしていなかった。 巻き上げレバーは動かないがジャンクの電子シャッター機は、大抵誰かが巻き上げてしまっているので、気にせず電源を入れシャッター・ボタンを押してみた。シャッターは降りないが、露出計は反応する。バッテリーチェック・ボタンを押すと定点に掛かってしまっているので電圧低下らしい。 4LR44…

続きを読む »

Canon FD35-70mm F2.8-3.5 S.S.C.

アサヒカメラの「ニューフェース診断室」の測定結果が、焦点距離50mm絞り開放の解像度が中央224本、平均148本という値で、ズームレンズの解像力トップのタイトルを20年間保持したという伝説のレンズがこの『FD35-70mm F2.8-3.5 S.S.C.』だ。 以前から評価の高いこのレンズを使ってみたくて探していたのだが、発売時の1973年当時、大卒初任給が62,300円の時代に価格が10万円もした高価なレンズ(現在の価値だと約25万円)が、そんなに数が売れたはずもなく、40年以上前のレンズが使用可能な状態…

続きを読む »

ジャンクレンズ散財記:Canon FD200mm F4 S.S.C.

曇り空で写欲が湧かないのと、雨が降り出しそうで自転車に乗る気にもならなかったので、ハードオフをチェックしに行った。家で大人しくIllustratorでイラストの一つも描けば良いのだろうが、僕は一日中家に居るというのが苦痛なのだ…こんなだから、Web制作を仕事にして何年も経つのに未だ会社勤めから抜け出せずにいる。残念だが職業選択を間違えたようだ…(´・ω・`) それで見つけたのが「FD200mm F4 S.S.C.」だ。お値段540円(税込)程度はそれなり…2群目にカビかヘリコイドグリスの揮発成分由来の曇り、…

続きを読む »

Canon AL-1 撮影結果

7月9日(土)僕はCanon AL-1を持って江ノ島に行った。 まだ梅雨が明けていないのに真夏のような日差しだが、江ノ島は多くの観光客で賑わっていた。その日は江の島天王祭という江島神社の末社八坂神社の例祭が行われていたのだが、僕が到着した頃には既に終了していて、祭り装束の人達が帰り支度をしていたり、食事をしたりしていた。 ファーストショットは、青銅の鳥居を撮った。レンズはFD 28mm f2.8 S.C. 絞りはF8だったはずだ。この機種の特徴なのか、それとも個体差なのかレリーズボタンのストロークは深いよう…

続きを読む »

ジャンクカメラ散財記:Canon AL-1 & POWER WINDER A

「Canon AE-1 PROGRAM」のブラックを妹か義弟にあげるつもりだったのだけど、「Canon A-1」のサブ機として自分用にも欲しくなってきて色違いのシルバーを探していた。しかし、「Canon AE-1」なら程度の悪い機体がゴロゴロ見つかるけど、「Canon AE-1 PROGRAM」って意外と見つからない。 それで見つけたのがこの「Canon AL-1」なのだが、丁寧に扱われていたのか、あまり使われていなかったのか、傷や汚れの無い美品だ。そのお値段は…なんと540円(税込)美品なのに安価なのは、…

続きを読む »

Lomography X-Pro Slide 200 を使ってみた

以前からクロスプロセス現像に興味があったので、Lomographyがクロスプロセス用として販売しているフィルムを購入してみた。クロスプロセス用といっても中身は普通のポジフィルム…Lomographyの説明では Agfa RSX 200 の乳剤を元につくられたフィルムらしい。このフィルムはDXコードがないので、DXコードを読み取って感度を自動で設定するカメラで使う場合は、感度を手動で設定することを忘れると悲惨な結果になるかも知れない。 今回は、MINOLTA X-700 を使用することにした、フィルムを装填し…

続きを読む »

minolta XE & MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 撮影結果

快晴の2月25日、僕は先日手に入れたminolta XEとMC ROKKOR-PF 58mm F1.4を持って鎌倉に行った。フィルムは36枚撮りのLomography Color Negative 100を選択した。カラーネガだから、その日の内に撮影結果を見る事ができる。 鎌倉駅で降りると、僕は鶴岡八幡宮・小町通り方面には向かわずに扇ケ谷方面に向かった。横須賀線の線路沿いの道を北に進み行き止まりまで進むと最初の目的地である海蔵寺に着く。海蔵寺は周囲にセンスの悪い看板や無粋なコンクリートの建造物が無く、禅宗の…

続きを読む »

ジャンクレンズ散財記:MINOLTA MC ROKKOR-PF 58mm F1.4

ハードオフでこのレンズに付けられていた値段は僅か864円(税込)だ。 距離環ローレットの形状から判断すると1966年から1969年までの間に生産された前期型だと判るので約50年前に生産されたレンズなのだが、それにしても安い。これだけ古いと気になる状態だが「チリの混入、拭き傷あり」らしい。カビや曇りは無いが、よく見ると後群のレンズを抜き出したらしき分解痕があるので、何らかのメンテナンスを受けた事は間違いがないだろう。この時代のミノルタのレンズは内側に非常にデリケートなコーティングが施されているので、もしかした…

続きを読む »

ジャンクのノートパソコンを再生してLinuxをインストール

近所のワットマンをチェックしに行ったら、VAIO type N VGN-NS52JB が2,980円(税込)で売っていた。8年前に発売された旧機種とはいえ当時は13〜14万円位した機種がジャンクとはいえずいぶん安い。値札に簡単にではあるが状態が記入されているので確認したら「DVDドライブが壊れています、起動確認後HDDを消去しました。付属品ACアダプター」とある。 使えそうだと思ったが、念のために店員さんに確認したら「買い取った時には普通に使えていたんですがね…販売するにはリカバリしなくてはならないんですけ…

続きを読む »

ジャンクカメラ散財記:minolta XE

あんまり綺麗だからつい買ってしまった…税込1,620円なり しかし、minolta XE のお約束のプリズム腐食… (´・ω・`) 帰宅後に電池を入れてレンズを装着して試したが、シャッターは全速切れるし露出計も生きていてオートも使えるらしい… 幸い、何故かプリズムだけ綺麗な御不動様のXEを部品取りに確保していたので、下のサイトを参考にプリズムの換装に挑戦することにする。 MINOLTA XE: JWCのカメラとレンズの修理帳 XEは電子カメラだけど、後の時代に生産されたカメラと違ってフレキシブル基板ではなく…

続きを読む »

Canon FD50mm F1.8 & FD135mm F3.5 撮影結果

FD50mm F1.8の分解清掃が終わったので、2本のレンズを持って近所の公園へ試写に行った。露出とかあまり考えずにサクサクと済ませたかったので、Canon AE-1 Program を使うことにした。 これが、FD50mm F1.8で撮った写真で… こっちが、ほぼ同じ位置からFD135mm F3.5で撮った写真 今回の試写はネガフィルムなので発色やコントラストについての傾向は判断できないけど、当時の技術で真面目に高画質を狙った硬派なレンズという印象だ。 被写体を人工物に変えてみる。 こちらがFD50mm …

続きを読む »

Cannondale 6 Point 3 Plateform Pedal

年明け頃から愛車Canondale Trail 29er 5のペダルから異音がするようになった。最初は力を入れて踏み込んだ時にギシッと鳴る程度だったのだが、徐々に鳴る頻度が高くなり、とうとう漕ぐ度にギシギシ鳴るようになったので、交換することにした。 さて…どのペダルに換えよう…(´・ω・`) これを機にビンディング・ペダルを導入しようとも思ったが、趣味のサイクリング以外に最寄駅までの通勤に使うので、幅が広いフラット・ペダルを選択することにした。このペダルを選択したのは、純正部品に拘りがあったからではなく、幅…

続きを読む »

ジャンクレンズ散財記:Canon FD135mm F3.5

ハードオフで見つけたもう1本のジャンクレンズ、これまた税込1,080円 さすがに埃一つ無い絶好のコンディションの訳がないけど、分解清掃は不要なレベルだ。これは前後のレンズを普通に清掃して、そのまま使用するつもりだ。 2枚目のレンズに小さな埃が混入しているが、経験上この位置の埃が描写に悪影響を与える事は殆ど無い。分解による光軸のズレやレンズにキズを付けるリスクを考慮すると、分解清掃はデメリットが大きいだろう。

続きを読む »

ジャンクレンズ散財記:Canon FD50mm F1.8

懲りもせずハードオフでジャンク品を物色していたら、クローム鍍金のフィルター枠が眩しいキヤノンの旧FDレンズを2本発見した。 これは、その内の1本で税込1,080円 細い埃の混入と、後ろ側のキャップが無いので後玉を上に向けて保管していたため、後玉に埃のコーティング(笑) このレンズは、分解が容易な部類に入るので即決で確保した。 前から見ると、一見問題無い様に見えるが… 後ろから見れば清掃が必要なのが分かる。

続きを読む »

MINOLTA α-807si 撮影結果

絶好の撮影日和ではなかったが、僕はMINOLTA α-807siに24枚撮りの Kodak Gold 200 を装填して江の島に向かった。縦位置グリップの付いたデカい一眼レフを、不審に思われずに使える場所が近所に在るのがありがたい。 今回はテスト撮影なので、構図とかあまり考えずにバシャバシャ撮って現像に出した。使用したレンズは MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5 New 一本のみで、途中でレンズも交換していない。使っているフィルムスキャナーが古いのとKodak Gold 200…

続きを読む »

Adobe MAX Japan 2016 に行ってみた

Adobe MAX Japan 2016 に行ってみた。 地元湘南から会場の「東京ビックサイト」まで電車に乗って約2時間、通勤ラッシュのピークは過ぎていたから、それほど苦ではなかったな。 東京臨海高速鉄道りんかい線の国際展示場駅を降りるが、どちらに行けばいいのか判らない…普段から都内に行くような生活をしていないし、休日の主な移動手段は車なのだから、湘南なんて郊外というよりも田舎に近いのだろうなぁ…歩きスマホは危険なので、iPhoneのMapで大まかな方向だけチェックして「東京ビックサイト」まで歩くが思ったよ…

続きを読む »

ジャンクカメラ散財記:MINOLTA α-807si

暇を持て余すと、ついハードオフでジャンクカメラやレンズを物色してしまうのは我ながら悪い癖だと思う… 撮影意欲が無い訳ではないのだが、7月〜8月の湘南・鎌倉辺りなんざ人が多過ぎるし、所謂「Candid Photo(キャンディッド・フォト)」が撮りたい訳ではないんだよなぁ…いや、そういう写真の芸術性は認めるけど、それを表現の手法として作品に仕立てるのは僕には合わないのだよ…っていうか、ただ単に写真が下手なだけか(笑) それで車を走らせてハードオフを数件ハシゴしたりする訳なのだが、殆どの場合は徒労というかガソリン…

続きを読む »