ジャンクのノートパソコンを再生してLinuxをインストール

近所のワットマンをチェックしに行ったら、VAIO type N VGN-NS52JB が2,980円(税込)で売っていた。8年前に発売された旧機種とはいえ当時は13〜14万円位した機種がジャンクとはいえずいぶん安い。値札に簡単にではあるが状態が記入されているので確認したら「DVDドライブが壊れています、起動確認後HDDを消去しました。付属品ACアダプター」とある。

使えそうだと思ったが、念のために店員さんに確認したら「買い取った時には普通に使えていたんですがね…販売するにはリカバリしなくてはならないんですけど、光学ドライブが壊れていたしリカバリーディスクも無いしで…結局リカバリ領域も含めてHDDをフォーマットしました。」とのこと…つまり使えると云うことだ「じゃあ買います」と言って2,980円を払って帰宅した。

実は随分前の事だが、僕はHDDがクラッシュした母のパソコンSOTEC WinBook WD311 のHDDを載せ換えてUbuntu 8.04 LTSをインストールして使っていたことがあるので、このパソコンもLinuxをインストールするつもりで購入した。USBメモリからでもインストールできるが、どうせなら光学ドライブを載せ換えて全機能を使える状態にしたいので、Amazonで探してみると新品のDVDスーパーマルチドライブが2,000円前後で買えるらしい…近所を探しても中古品が見つからななければ新品を購入することにし、次の日に探しに行くことにした。

このパソコンを購入したワットマンには無いことを確認済みだったので、自宅から次に近いハードオフに行ったが古いATA規格の物しか無かった、次に期待はしていないがPCデポに行ってみた。中古品が3,800円もするし新品は5,400円ですか…やっぱりPCデポはプロバイダ加入とか有償サポートとの抱合せ販売以外では安くはない(実質的には、高くなるw)。次に行くハードオフに無ければ、ガソリンが勿体無いからAmazonで買おうと思ったら、中古のPanasonic製のDVDスーパーマルチドライブが864円で有ったので購入した。

VAIO type N VGN-NS52JB の分解は、以下のサイトを参考にやってみた。

SONY VAIO type N NSシリーズ分解

本機の分解は#0の+ドライバ1本のみでできる。隠しネジは、メモリーカードの蓋の下に1本と、バッテリーを外した下に2本あるだけで、ゴム足を剥がしたりする必要はないので整備性は良い。ネジを締め付けているトルクが強かったので、精密ドライバよりもグリップの太いドライバを使用した方が良いだろう。

光学ドライブの換装が無事に済めば、いよいよLinuxのインストールだが、その前にインストールするLinuxディストリビューションをダウンロードしてインストールディスクを作らなければならない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください