minolta XE & MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 撮影結果

快晴の2月25日、僕は先日手に入れたminolta XEとMC ROKKOR-PF 58mm F1.4を持って鎌倉に行った。フィルムは36枚撮りのLomography Color Negative 100を選択した。カラーネガだから、その日の内に撮影結果を見る事ができる。

鎌倉駅で降りると、僕は鶴岡八幡宮・小町通り方面には向かわずに扇ケ谷方面に向かった。横須賀線の線路沿いの道を北に進み行き止まりまで進むと最初の目的地である海蔵寺に着く。海蔵寺は周囲にセンスの悪い看板や無粋なコンクリートの建造物が無く、禅宗の寺院らしく質素で自然と調和した美しさを感じる。鎌倉駅周辺の喧騒からはなれて、ゆっくりとした時間が流れるこのお寺で数カットの写真を撮影した。minolta XEの滑らかな操作感と静かなシャッター音は、この静謐な禅寺の雰囲気を損なう事なく撮影に集中できる。

海蔵寺を後にした僕は由比ヶ浜方面に向かった…と言っても、特にお目当の被写体があるわけでは無い。鎌倉は観光地なのでカメラを持っている人が大勢いるのだが、フィルムカメラを持っている人は若者が多かった。流行っていると云う程でもないのだろうが、若い感性に刺さる何かがあるのだろうか?

鎌倉から江の島まで歩きながら撮るつもりだったが、急に日が傾いて来たので急いで江の島に向かう事にした。

片瀬東浜にある特徴的な建物…実はトイレ(笑)潮風と紫外線で劣化した建物の質感がよく表現できている。

この日は快晴だったので、シャッター速度が最速で1/1000までしか切れないminolta XEでは絞りを開けるのが難しかったが、日没後にようやく開放付近を使う事ができるようになった。メモは取っていないけど、この写真はF2.8だったと思う。

壁面の質感もしっかり描写しているけど、それ以上に陰影の表現が美しい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください