CANARE L-4E6SとNeutrik NP2X-WTでギター用シールドケーブルを自作

CANARE L-4E6SとNEUTRIK NP2X-WTを組み合わせて自作したギター用シールドケーブル

実はエレキギターやエレキベースとアンプの接続に使うシールドケーブルは消耗品である。

僕はコロナ禍の「お家時間」を充実させるべく数年ぶりにエレキギターを引っ張り出してきて、この趣味に出戻ったのだがシールドケーブルも数年間放置していた物だ。何年間も束ねてきつく縛っていたので曲げた部分に負荷が掛かってしまったのだろう。アンプを歪ませないクリーントーンでも絶えず「ブー」というノイズがして時折「ブツブツ」という雑音が入るようになっていた。

そんなわけで、以前から興味があったこともあり僕は品質の良いケーブルとプラグを購入して自作にチャレンジすることにした。

僕はさっそくサウンドハウスにCANARE L-4E6S × 10m、NEUTRIK NP2X-WT × 4個、OYAIDE SS-47 50gを注文した。CANARE L-4E6S はブラック, ホワイト, グレー, レッド, ブルー, イエロー, グリーン, オレンジ, パープル, ブラウンの10色が選べたのでパープルを選んだ。NEUTRIK NP2Xも通常品のシルバーの他ブラックとホワイトが選べたので360円の通常品よりも160円高くなるがホワイトのNP2X-WTを選んだ。残念なのはL字型のNP2RXにはホワイトが無かったことだ。

ハンダに高価な物を選択したので合計金額が5,160円になってしまったが、ハンダは頻繁に使わないので使い切るのに数年かかるだろうし3.5m × 2本と3m × 1本の3本作っても元々使っていたProvidence F201 model “Fatman” 3m/SLとほぼ同じ価格だから充分安い。プラグが2本分なのは1本はハンダ付の練習をかねてケーブルが劣化したProvidence F201のプラグを再利用するからだ。

CANARE L-4E6S
NEUTRIK NP2X-WT
OYAIDE SS-47

到着したので、さっそくProvidence F201からプラグを外して練習に1本製作してみる。テスターで導通を確認して問題なかったのでギターとアンプを接続しても問題なく音が出たから本命の2本を製作しよう。

ハンダごて, はんだこて台, テスター
ラジオペンチ, ワイヤーストリッパー, カッターナイフ, 放熱クリップ

用意する物

  • ハンダごて
  • はんだこて台
  • テスター
  • ラジオペンチ
  • ワイヤーストリッパー
  • カッターナイフ
  • 放熱クリップ

作業中にプラグを固定できないと作業しにくかったので治具を作成した。材料は百均で売っていた合板製の箱というか枠のような物で、それに穴を開けて以前に交換した時に外したジャックを装着した。

ケーブルを剥く前にエンドキャップを入れておく。これを忘れると後で後悔する。

使用するケーブルの外径が5.5mm以上の場合はチャックというパーツの先端を切りる。

NEUTRIKのWebサイトからダウンロードできる「ASSEMBLY INSTRUCTION」にはケーブルの外皮を16mm剥くと指定されているが、後から切って合わせれば良いので作業しやすいように少し長めに外皮を剥いた。

次に竹串で網線をほぐす。結構しっかりと編んであるので爪楊枝では折れてしまう。網線をほぐすと芯線を覆う紙と補強用の紐それとCANARE L-4E6Sは4芯ケーブルなので青と白の芯線が2本ずつ出てくる。紙と紐は不要なので切除する。一般的には「有色ホット」といって色が付いている方をホット(+)にするので青い方を「ASSEMBLY INSTRUCTION」に従い16mmにカットし先端4mm皮膜を剥いた状態に整える。白い方は根本から皮膜を剥いてほぐした網線と共に縒り合わせて10mmの長さにカットして、両方とも先端に予備ハンダをしておく。

自作の治具にプラグを装着し…

クランプを使って治具を机にしっかり固定する。

中心部の方(Tip)に青い芯線の方(ホット線)をハンダ付し、外側の方(Shield)にシールドと白い方を縒り合わせた方(グランド線)をハンダ付する。

ハンダ付が終了したら治具からプラグを外して(ハンダ付直後は熱くなっているので素手で掴まないよう注意)チャックを被せ最後にカバーを被せてエンドキャップとねじ込む。反対側も同様に作業してテスターで導通を確認したら完成だ。

NEUTRIK NP2Xを使用する場合には、グランド線をハンダ付せずチャックから出して外側のケースと挟み込む方法も紹介されているが、NEUTRIKのWebサイトからダウンロードできる最新の「ASSEMBLY INSTRUCTION」にはハンダ付することが指定されている。

CANARE L-4E6SとNEUTRIK NP2X-WTを組み合わせて自作したギター用シールドケーブル

ギターアンプに繋いでみたがノイズに強いのは本当だった。今まで使っていたProvidence F201は「ワイドレンジ&ローノイズでエレキギターに一番オイシイ“MID-LOW”を強調」とあるが、自作したケーブルは音の太さは遜色なくかといってどの帯域も特に強調されていない自然な音だ。人によっては「特徴がなく音楽的ではない」「地味で面白味がない」という評価になりそうだが、僕としては狙い通りのサウンドだし紫のケーブルに白いプラグという他にはあまり無い物が作れたので満足している。

Epiphone Limited Edition Tak Matsumoto DC Standard Aqua Blue

Epiphone Limited Edition Tak Matsumoto DC Standard Aqua Blue
Epiphone Limited Edition Tak Matsumoto DC Standard Aqua Blue

2013年にGibson傘下のEpiphoneから販売された限定モデル。希望小売価格121,800円なので本家Gibson製の廉価版という位置づけにあるモデルだがEpiphone製のレスポール系ギターとしては高価な部類に入る製品だ。

  • Body:Carved Mahogany Double Cutaway
  • Top:Flame Maple
  • Neck:Mahogany Long Neck Tenon (Deep Set)
  • Fingerboard:Rosewood w/Abalone Trapezoid Inlay
  • Scale:24.75”
  • Neck Pickup:Gibson USA Burstbucker-2 (Zebra)
  • Bridge Pickup:Gibson USA Burstbucker-3 (Zebra)
  • Bridge:LockTone Tune-O-Matic
  • Tailpiece:Stopbar
  • Tuner:Vintage Style w/Tombstone Buttons
  • Controls:1-Bridge Volume, 1-Neck Volume, 1-Master Tone, 1-Three Way Toggle

ボディがメイプルとマホガニーの貼り合わせ、ネックがマホガニー、チューン・O・マチック・ブリッジ&ストップ・テイルピースまではレスポールと共通だが、左右非対称ダブルカッタウェイのボディ・シェイプ、コントロールが2 Volume, 1 Toneという所がレスポールとの違いとなっている。

また、ネックジョイントのディープ・セット・ジョイントとピックアップのフロントGibson USA Burstbucker 2、リアBurstbucker 3は、他のEpiphone Cusutom Shop製の限定モデルでも採用されているモデルがある。

搭載されているGibson BurstbuckerはGibsonが「PAFを忠実に再現」したピックアップらしいのだけど、僕はオリジナルPAFのサウンドを聴いたことが無いのでその部分に関してはよく判らない😅 …まぁ、普通に良い音です。

2013年に限定販売されたこのギターを何故いまさら入手したかというと、当時はギターから完全に離れていたからというのと、実は僕は何を隠そう若い頃は松本孝弘に憧れていたのだ(本当はキャナリーイエローのレスポールが欲しい)😅

そしてコロナ禍になって外出自粛生活を余儀なくされたのがギターを再開した理由だ。

ギターから離れていたと言っても機材全てを処分してしまったわけではなく、Epiphone Les Paul Standardが部屋の置物にHughes&Kettner Edition Blue 15-Rをクローゼットにしまい込んでいただけなので、僕は10年振りにレスポールに弦を張りアンプに繋いで音を出してみた(全く弾けなくなっていたので文字通り音を出しただけ😭)。久し振りに聴いた愛機のサウンドは…

こんなに音悪かったっけ? (´・ω・`)ショボーン

それに…ネックが反ってる…😱

…そういう理由で自分の物欲を正当化して購入したのがこのギターだ。このEpiphone Limited Edition Tak Matsumoto DC Standard Aqua Blueだが一般的には7〜9万円位が相場となっているらしいのだが、実は「難あり品」ということで税込46,800円で購入したのだ。どこに難があるかというと言うと、ボディにラッカー塗装の経年変化によるクラックを模した傷が入れられていたのと擦り傷を故意に入れてあって、要はレリック加工が施されていたのだ(オリジナルがヴィンテージじゃないのに前オーナーは何考えてんだか…😥)。

その反面フレットは全く磨耗しておらず、前オーナーはギターを始めたがチョーキングを練習する段階に入る前に弾けずに投げ出してしまったらしい…フレットや指板の状態から推察するに「Fコード」で挫折したと思われる。僕が難ありながらこの個体を選んだ理由がこのフレットである。フレットの交換費用は<島村楽器のリペア>によると¥49,500~と結構高額なので中古でギターを購入する場合はフレットの磨耗が少ない個体を選んだほうが良い。

Epiphone Limited Edition Tak Matsumoto DC Standard Aqua Blueは使用した塗料の特性か褪色して青ではなく緑になっている個体が多いが、僕が購入した個体も例外では無い。それと、これはEpiphone製のギターの殆どに共通する事だと思うが造りが雑だ。所詮中国製という事なのだろうが、ネック裏に誇らしげに「Epiphone Custom Shop Limited Edition」なんてロゴを入れるなら、もう少し品質に気を使った方が良いだろう。しかし、Epiphone通常ラインのレスポールと違い、配線はコネクター接続ではなく全てハンダ付けされている。

重量は測っていないけどダブルカッタウェイなのでレスポールより少し軽量に感じる。ハイポジションはレスポールよりはマシだけど弾き易いというほどでもない。ネックは元から持っていたEpiphone Les Paul Standardより厚みがあるけどギターのネックシェイプは同じメーカーでも年代により変わるので、同年代のEpiphone通常ラインのレスポールと同じなのか、本家Gibson製のTak Matsumoto DCと同じものなのかは判らない。

基本的にはこの買い物に満足しているが前オーナーが付けた下手なレリック加工が気になり出したので、子供の頃からの悪い癖で修正したくなってしまい耐水ペーパーをかけてしまった。完全に刻み込まれた傷を落とせなかったばかりかヘッドの「Tak Matsumoto Model」のロゴが消えてしまった😥 レスポールなら補修用のデカールが入手できるが、限定品ということもあり補修用のデカールは入手できないらしい。褪色して緑になってしまっているし、いずれ技術的に目処がたった時に再塗装して補修したい。

Hughes&Kettner Edition Blue 15-R の修理

Hughes&Kettner Edition Blue 15-R

Hughes&Kettnerは1984年ドイツ連邦共和国ザールラント州ノインキルヒェンで創設されたエレキギター・ベース用アンプを製造・販売するメーカーで、Edition Blueシリーズは同社のエントリー・モデルとして販売されていたソリッドステート・アンプで15W/30W/60Wの3種類がラインナップされていた。

クリーンとリードの2チャンネル、EQはBASS/MID/TREBLEの3バンド仕様、スプリングリバーブ搭載と必要充分なスペックで、途中でデジタルエフェクト(コーラス/フランジャー/ディレイ/リバーブ)を搭載するマイナーチェンジを施され、2016年にはホワイトの限定モデルが発売されるなど長らくHughes&Kettnerのボトムラインを支えていた。

エントリー・モデルとはいえHughes&Kettner製アンプの特徴と云われる透明感のある煌びやかなクリーンサウンドが再現されていて、ディストーションは軽いクランチサウンドからメタルに対応できるハイゲインなサウンドまで広くカバーしている。

2021年現在、同社からは後継となるモデルが販売されておらず、特に10〜20Wクラスの自宅練習に適した製品は存在しない。

このアンプにはもう一つ他社製アンプにない特徴があって上位機種と同じようにパネルが青く光るのだ。光るからと言って機能やサウンドには何も関係ないのだがハードオフ等のリサイクルショップではパネルが光らないEdition Blueはジャンク品扱いとなっている。パネルは青いLEDで光らせているのだが僕のEdition Blueも光らなくなった、というか点滅するようになってしまった。

別にパネルなど光らなくてもいいのだが、点滅と共にブブブ…とノイズが入るので使っていられない状態になってしまった。買い直すにしても既に生産修了になっているので中古品を探すか他社製品に買い替えなくてはならない。

近所のハードオフにマイナーチェンジ後のEdition Blue 15 DFXがあったので買い替えてもよかったのだがデジタルエフェクト搭載というのが気に入らない。個人的にはギターアンプは純粋なアナログ回路の方が良いと思ったので修理を試みることにした。(白い限定バージョンだったら買い替えていたかも…)

気休めかもしれないが1週間放置してから分解を始めた。アンプの修理は感電の危険が伴うので分解方法の紹介は控えさせていただく。

シャーシを外した。これで半分は直ったような物。

両端の4個のLEDでパネルを光らせている。

コロナ禍なので気軽に電気部品を買いに行くと言う訳にもいかずAmazonで青色高輝度LEDを注文した。どう考えてもこんな沢山要らないのだが交通費より安いし…

ここが問題の箇所。基板上にLEDが直列で接続されており片方が切れると両方点灯しなくなる。

このままだと基板がブラブラして作業しにくいので、シャーシにマスキングテープで基板を固定してLEDを交換する。LEDの明るさが違うので反対側も同様に交換した。

LEDの交換が終了したら元どおりに組み付ける。組み付け完了後、電源コードとギターを接続してドキドキしながら電源投入…

(Ф∀Ф) キラーン!!

おおっ!!明るい!! 輝度が高くて上手く写真が撮れない!!肝心の音もちゃんと出ている。

ということで無事に修理完了!!